語学を学んで外資系会社に就職しました

語学を学んで外資系会社に就職しました

語学の中で一番重要な英語力アップの方法

今のこの国際化社会の中で海外に進出する会社は非常に多い。海外に進出するということはその国の言葉をしゃべれなくてはならない。要するに語学力のアップが必要なのである。
その中でもやはり英語力のスキルアップは大切である。
どこの国に行っても英語ならば多少は通じる。もちろん世界のすべての人が英語がペラペラであればこんなに楽なことはないが、英語は大抵の人は学校で勉強をしてきているはずである。
もちろん私も小学校、中学校、高校、大学と英語を勉強してきた。
しかし、ながら正直英語はほとんど話すことができない。

考えてみれば小学校から大学までの10年近く英語を勉強してきたのだから英語をペラペラとまではいかなくても多少は英語をしゃべれるようになっていなくてはいけないと思う。
しかし、学校で英語を学んでいてもほとんどの人は英語を話すことはできないと思う。それは日本の英語の授業がいけないのだと私は思う。日本の英語は文法などの形にこだわりすぎているのだ。ようはテストの為の英語の勉強しかしていないのだ。いくらテストで良い点数が取れても英語をろくにしゃべることができないようであればそれは勉強する意味はあまりないと思う。英語を話せるようになるためには留学などで英語が公用語の国に行くことが一番良いと思う。実際日本で英語をただ習うより、現地で実際の英語に触れてきたほうが断然役に立つはずである。
英語を本当に覚えたい人はホームステイなどで留学をぜひ体験してみるべきである。

おすすめ情報

Copyright (C)2017語学を学んで外資系会社に就職しました.All rights reserved.