語学を学んで外資系会社に就職しました

語学を学んで外資系会社に就職しました

今重要な語学の英語について

今、世界中で重要視されている語学と言えば、やはり英語ですよね。一番話されている人口が多いのは中国語ですが、話している人種が一番多いのは英語です。
英語は世界とコミュニケーションを取る方法の一つとして取り入れられ、今や日本でも小学生でさえ英語を勉強しなくてはいけないというほどです。
高校では英語の授業は英語で行い、教科書は今まで日本語で書かれていたところも英語で書かれるということにもなっています。
それくらいグローバル化か進んでいると言えます。

しかしながら、日本人はほかの国と比べて英語が苦手ですよね。なんで英語を勉強しているのに、なかなかうまくならないのでしょう。個人差もあると言えますが、これにはきちんとした理由があるのです。

まず、基本的な文法が違います。
日本語は、主語→〜→述語とくるのに対して、英語は主語→述語→〜という順番で述語の位置が違います。
そこで日本人はこんがらがってしまい、英語が分からなくなってしまします。
逆に中国語はどうでしょうか。
漢文などを見ると英語の語順と同じです。
ですので日本人よりも中国人の方の方が英語が上手いと言われることが多いです。
また、英語と日本語には感覚のずれがあります。
他にも英語にはややこしい言い回しや文法があり、日本人は英語があまり上手でないのです。

しかし、きちんと勉強すれば、英語は上手くなれます。
私がおすすめする英語の勉強の仕方はとりあえず声に出して英文を読むことですね。

おすすめ情報

Copyright (C)2017語学を学んで外資系会社に就職しました.All rights reserved.