語学を学んで外資系会社に就職しました

語学を学んで外資系会社に就職しました

英語という語学を習得する必要性

ここ数年の間にますますグローバル化が進むであろうこの時代に、世界共通語としての英語を身につけるのは必須となってきました。
国際的に活躍できる人材を作り出すために、小学校の低学年から英語が正式な教科として取り入れられたり英語を母国語とする外国人講師のレッスン回数を増やしたりとすでに英語教育改革と言われるものが実施されています。


それにつれて英会話学校も増えていますし様々なうたい文句で宣伝する英語習得教材もよく目にします。
その数ある中からどれを選ぶか迷ってしまいますね。
でもひとつ言えることは語学習得に近道なんて絶対ないということです。
高いお金を払って大手英会話学校に通ってもただ行ってたらたら話しているだけではだめでしょう。新しい英会話教材が出るたびに飛びつきちょっと試して飽きてしまっては絶対いつまでも話せるようにはなりません。継続は力なりというように何かひとつをひたすら続けるしかないのだろうと思います。


また、発音が悪いとか間違った表現をしていたら恥ずかしいとか気にしなくてよいとおもいます。

例えば中近東の方々何てかなりの訛りのある英語を話しますが堂々と自分の意見を主張します。
日本人は遠慮し過ぎなのです。
英語は今や世界共通語、その国々の英語があっていいのですから。そしてもちろん学ぶことが楽しくなくては続くわけがありません。英語圏の文化に興味を持ったり英語を母国語とする友人を作ったりして英語という語学を身近に感じるようにできたらいいですね。

Copyright (C)2017語学を学んで外資系会社に就職しました.All rights reserved.